« 天つ巻  第二十七帖 | トップページ | 天つ巻  第二十九帖 »

天つ巻  第二十八帖

おそし早しはあるなれど、

一度申したこと必ず出て来るのざぞ。

***********************

一度悩んだ事柄が、もう一度角度を変えてやってきたことがある。
自分が悩んで、どうしたらいいのか?色々考えて、そして教わった。
全ては相手を思いやる気持ち、愛だった。

今度は、同じ職場の人からぼやきを聞いた。
それは自分が悩んだ事柄だった。
同じことを聞いて、驚きもありながら、確認もし、そして、教えることもできた。

確認、今はあなたはどうですか?
自分が体験したことを飲み込むこと、消化すること、身につくことができましたか?
そう言われていた。。。。。

そう感じた一日だった。

|

« 天つ巻  第二十七帖 | トップページ | 天つ巻  第二十九帖 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。