« 天つ巻  第十九帖 | トップページ | 天つ巻  第二十一帖 »

天つ巻  第二十帖

雨も要るだけ降らしてやるぞ、

風もよきやうに吹かしてやるぞ、

神をたたえる声が天地にみちみちてうれしうれしの世となるのざぞ。

*******************************

必要な時に必要なだけの支援。

そうすれば、心が豊かになる。
そうなる前に心も豊かになるように、心がけなければならない。

|

« 天つ巻  第十九帖 | トップページ | 天つ巻  第二十一帖 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。