« 天つ巻  第七帖 | トップページ | 天つ巻  第九帖 »

天つ巻  第八帖

結構な日と申してあるが、結構な日は恐い日であるぞ。

天から人が降る、人が天に昇ること、

昇り降りでいそがしくなるぞ。

****************************

今、自分が上に居ると思っている人、無意識下のことであろうとも、
天狗になっていると、あっという間に急降下してしまうこともあろう。
色々苦労をしながら、学ぶ心がある人は、波動があがっていくものだ。

そうなんだろうな。自分は今どの位置にいるか、わからないが、
上に昇りたいなぁ。
この時間が瞬く間に過ぎていってしまう時代は、変動がありすぎる!!
と感じるのだが、それは天からすると当たり前のことなのかもしれない。


|

« 天つ巻  第七帖 | トップページ | 天つ巻  第九帖 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。