« 天つ巻  第十二帖 | トップページ | 天つ巻  第十四帖 »

天つ巻  第十三帖

もてなしの物出すときは、

祓ひ清めて神に献げると同様にすれば半分で足りるのぞ、

てんのゐへん気つけて居れよ。

神くどう気つけて置くぞ。

*****************************

誰かに、そう、好きな人にあった時、
とても気持ちがいっぱいになりませんか?
そして、ニコニコしている自分。
ご飯も普段より少しで、おなかいっぱいになります。

どうしてか?
心が満たされるとおなかもいっぱいになるんです。
あたたかい気持ちでおなかがいーーっぱいになります。
おなかだけでなく、体中にあたたかいものが溢れます。

大好きな友達、好きな恋人、久しぶりに会うあなた、
愛しい子供。話していると気持ちの中に、
なにかがほわほわとあったかなります。

この暖かさは、エネルギーになります。たくさんのほわほわは、
あなたの源です。

きっと。。。。。


|

« 天つ巻  第十二帖 | トップページ | 天つ巻  第十四帖 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。